FC2ブログ

川内(せんだい)地名由来とスピリチュアルスポット                     薩摩川内市 新田神社(にったじんじゃ)可愛山陵(えのさんりょう)

川内の地名由来について皆さんにも少しでも知って頂きたいと思います。
可愛山陵、新田神社は川内の神亀山(しんきざん)という亀の形をした小高い山の上に有り、写真を御覧の通り亀に見えるので亀山とも呼ばれています。

  新田神社に
  祀られているのは邇邇芸命(ににぎのみこと)
  可愛山陵は
  邇邇芸命(瓊瓊儀尊)のお墓です
  邇邇芸命って聞いた事有るけど誰?
  皆さんも神話で習った事が有ると思いますが
  なんと神話で聞いた太陽の神様、天照大御
  (あまてらすおおみかみ)
の孫にあたります。



日本神話  斎庭稲穂の神勅 (ゆにはの稲穂のしんちょく)
遠い神代の昔、高天原(たかまのはら)天界にいらした天照大御神は孫にあたる邇邇芸命に
私たち人間の住んでいる地上の世界を治めるように御命じになりました。
その時、稲穂を一緒に持っていきお米を作るように言われました。

日本神話  天孫降臨 (てんそんこうりん)
邇邇芸命は沢山の神様をお連れになり、霧島の高千穂(たかちほ)の峰に降りられました。
そこでお米をお作りになり次に南薩摩市の笠沙宮(かささのみや)に移られ山の神様の娘で
大変美しい木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)と結婚されその夜
海路、東シナ海を北上され川内(せんだい)に来られました。

川内(せんだい)地名の由来
川内にお着きなられた邇邇芸命は川内の地に立派な高殿(うてな)=(千台せんだい)を築き
お住まいになりました。川内の名はこの千台(せんだい)から来ています。
邇邇芸命の子供が有名な海幸彦、山幸彦、そして山幸彦の孫が初代天皇の神武天皇となります。

神亀山の正面より322段の階段を
上がった処が新田神社であり
神亀山自体が可愛山陵ですが裏より375段
階段を上がった処に可愛山陵があります。
特に可愛山陵へ裏より階段を上って行くと
大きな楠木があり昼でも暗い杜で雨の日など
まるで、もののけ姫の世界です。
スピリチュアルスポットでもあります。




川内工場 メタボA


サンテックのホームページ >> http://www.sun-tec.net/

ブログランキングに参加中です。クリック宜しくお願いします。
  にほんブログ村 企業ブログへ
Google 翻訳
Google 翻訳
プロフィール

株式会社サンテック

Author:株式会社サンテック
【本社】
兵庫県尼崎市猪名寺2-8-30
TEL:06-6494-3260
Mail:st-inquiry@sun-tec.net
http://www.sun-tec.net/

カレンダー
カレンダー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク