FC2ブログ

進化する装置設計

サンテックでは営業から、設計、製造までを基本的に全ての工程を自社で行っております。

お客様と打合せを行い、仕様が決まって最初に取り掛かるの作業が"図面描き"です。

サンテックには計13名の設計者がおり、
お客様の要望を実現するため、日々構想を重ねながら図面に向かっています。

今回は本社の入社9年目・設計士Kさんにお話を伺ってみました。
 
装置設計中 / 図面を広げて打合せ

Q.装置設計の醍醐味とはなんでしょう?
   ゼロから物を作りだすという所です。
   設計といっても様々な設計があります。
   例えば車であれば各パーツは、全て別の設計者が行いますが、
   サンテックでは、全て自分で製品を設計していく所が醍醐味ではないでしょうか。

Q.最近のサンテックの新しい試みとして、Kさんが中心となって
  3Dでの作図を導入されましたが、どういった点でもっとも効果を感じられますか?

   3DCADの効果をあげると下記の4点だと思います。
   1.最終イメージをつかみやすいので、バランスの良い(格好の良い)、
     また適切な機械(部品)が設計しやすい。
   2.干渉チェックという機能があり、装置間等の干渉を簡単に発見できる。
   3.習熟度が上がると、図面を書き始めて部品図ができるまでの時間は、
     2次元CADよりも早い(しかも間違いは少ない)。
   4.第3者が機械イメージをつかみやすい。

Q.多趣味で知られるKさんですが、最近一番はまっていることは?
   10代の頃から継続している趣味は釣りとバイクですが、
   今、ハマっているのは自転車とテニスです。
   両方とも20代の頃に経験済ですが、昨年ダイエットに成功して体が軽く感じるようになり、
   最近また始めました。
   趣味を通じて、いろいろな人と交流できるので、自分の幅が広がるように感じます。

Q.人生、仕事で何か挑戦したいことはありますか?
   若い時のように、試合(あるいはレース)に出て、
   試合特有の緊張感をあじわいたいと考えてます。
   どの趣味でチャレンジするか現在模索中です。

自分で設計した装置を試運転中 / Kさんと、製品企画部のHさん

上司である設計部部長にも伺ってみました。

Q.Kさんにもつ印象は?
   入社当時から、今までのサンテックには無いカラーを持っていました。
   今でも、十分個性を発揮してもらっています。
   これからは、みんなをまとめながら、より完成度の高い機械造りを目指してください。

Q.設計部メンバーに期待することは?
   「失敗を恐れず、挑戦しろ」と言う人がいますが、失敗したらダメ。
   日頃から準備し、失敗しない方法を考え抜く。
   そして、世の中より一歩先へ。


仕事でも私生活でも常に目標を持って取り組んでいるKさんが
社内に与える影響は少なくありません。
これかも一歩先の装置作りができるよう、皆を引っ張って行ってください。

サンテックの装置はKさんのような男の"技"によって日々進化を続けています!


HP推進チーム


サンテックのホームページ >> http://www.sun-tec.net/

ブログランキングに参加中です。クリック宜しくお願いします。
  にほんブログ村 企業ブログへ
Google 翻訳
Google 翻訳
プロフィール

株式会社サンテック

Author:株式会社サンテック
【本社】
兵庫県尼崎市猪名寺2-8-30
TEL:06-6494-3260
Mail:st-inquiry@sun-tec.net
http://www.sun-tec.net/

カレンダー
カレンダー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク